太陽光発電システム
メンテナンスの重要性Vol.2
今一番気になる話題をお届けします。


前回の記事Vol.1で「太陽光発電システムはメンテナンスフリーではない」とお伝え致しました。 太陽光発電システムの故障の原因として一番多いのが、パネルの表面ガラスや周辺機器に起こるものといわれてます。では実際どのような故障が起きているのでしょうか。 今回は、太陽光発電システムをメンテナンスしないとどうなるのか「故障の原因」についてみていきましょう。

太陽光発電システムの故障の原因とは1

汚れ・糞害
パネルの汚れは発電量低下に繋がります。また、鳥の糞などにより影が長い時間一点に集中すると、セルが熱を持ち、セルの焼損などが発生します(ホットスポット)。

漏電
端子の緩みや接続部のショート、ケーブルの破損などにより、漏電が起こります。太陽光発電は発電時に高圧電流が流れているため、放置した結果、火災の原因となったケースも報告されています。

飛来物
台風や強風、投石のイタズラなど、何らかの飛来物によって、パワコンが破損したり、セルにヒビが入ったりすることなど、損傷を受けることで発電量低下の原因となります。

経年劣化・ケーブルの外れや架台の緩み
ケーブルに経年劣化や破損があり、その影響でパワコン本体が故障するケースも考えられます。 また、架台の破損やゆがみ、ボルトなどの緩みが発生することで、天候等様々な原因でパネルや機器の破損につながったり、最適なパネルの角度を維持できず発電効率が低下することがあります。

フィルター目詰まり
エアコンなどと同じように、埃などによってパワコンの換気フィルターが目詰まりすると、内部の温度が上昇し、出力低下の原因となります。

太陽光発電システムの故障の原因とは2

ホットスポット
ホットスポットとは、何らかの物体(鳥糞など)が太陽電池の表面に付着して完全な影となった場合に、その部分が発熱してしまい、それによってセル(パネルの一部)が破損してしまうという現象です。 主な原因としては、製造不具合やハンダ不良、落葉の付着、鳥の糞の付着などがあります。短い期間でしたらさほど問題ないのですが、長期化するとパネルを破損する恐れがあります。

スネイルトレイル
モジュール内部のセルに入ったマイクロクラック(小さな傷やヒビ)が外気などにさらされるストレスから収縮を起こしてずれが生じ、黒く浮き出てくる事象です。これが進行すると空気の層が出来てしまい白色化を起こします。そしてずれたセルがショートを起こしてホットスポットが発生します。 非常に危険な状態になる可能性があります。

バイパスダイオード
モジュール内のバイパスダイオードの故障により影がかかる場合、バイパスダイオードが機能せずにストリング全体に発電量の低下の影響が及びます。表面・外見から発見するのは難しい事象です。

故障の発見はメーカーや専門業者さんしか出来ないというものだけではありません。 飛来物での破損やフィルターの目詰まり、発電量が不自然に減っているなどに気づくことで不具合の早期発見、解決にも繋がります。
大きな故障や破損が起きる前に、自身でもきちんと管理していく意識づけが大切だと言えます。

次回は、太陽光発電システムの点検項目についてご紹介いたします。



一括、見積り依頼 無料!

ステップ1お住いのエリアをご選択ください。

お住まいエリア

2.設置する建物の種類を選択ください。

ステップ2建物の種類を下記ボタンよりお選びください。

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.