太陽光発電システム
メンテナンスの重要性Vol.3
今一番気になる話題をお届けします。


前回の記事Vol.2では「太陽光発電システムの故障の原因」についてお伝え致しました。 太陽光発電システムが故障をしてしまうと、修理費用が発生するだけでなく、売電収入にも影響が出ます。
大きな故障や破損が起きる前に、太陽光発電システム設置後の保守点検ガイドラインをおさえておきましょう。

一般社団法人太陽光発電協会(JPEA)では10kw未満の住宅用太陽光発電システムを対象とした「太陽光発電システム保守点検ガイドライン【住宅用】」を公開しています。
その中から、今回は設置者の方が日常的にできる点検項目をご紹介いたします。

 <日常点検>

・ 設置者が地上で目視、聴音により、毎月1回程度、または悪天候(雨、風、雪、雹、落雷など)後や震災時の後に点検を行うことを推奨する。
・ 日常点検の結果、異常があると思われる場合、メーカーまたは、施工業者に相談し、詳細な点検を行うことを推奨する。詳細な点検は、JPEA認定PV施工技術者(仮称)の資格保有者、またはPVシステムメーカーの施工ID保有者が行う。

点検箇所・部位   点検項目 点検要領
太陽電池アレイ
架台
目視 ・モジュール表面の汚れ、キズ、破損 ・表面に汚れ、キズ、破損がないこと
・モジュールフレームの破損、変形 ・フレームに破損、著しい変形がないこと
・架台の腐食、サビ ・架台に腐食、サビがないこと
・ケーブルの破損 ・外被部分に損傷がないこと
・屋根葺材の破損 ・屋根葺材が破損していないこと、隙間やズレがなく収まって いること
・配電線管(PF管など)の破損 ・配線ケーブルを納める配管にキズ、腐食などがないこと
接続箱 目視 ・外箱の腐食、破損 ・腐食、破損がないこと
・配線ケーブルの損傷、端子の緩み ・配線に異常がないこと
パワー
コンディショナー
目視 ・外箱の腐食、破損 ・腐食、破損がないこと
・接地線の損傷、端子の緩み ・接地線に異常がないこと
・ネジの緩みがないこと
・自立運転機能 ・自立運転切り替え後、表示モニターで自立運転切替えの確認を行う
・通気確認 ・通気孔を塞いでいないこと、指触による異常熱のないこと
・天面、地面、側面距離が十分保たれていること
・運転時の異常音、振動、異臭の有無 ・運転時に異常音、異常振動、異臭がないこと
・表示部動作確認 ・表示状況、発電状況に異常がないこと

出典:一般社団法人太陽光発電協会 「太陽光発電システム保守点検ガイドライン【住宅用】」について

早期発見、早期対応、早期解決が安定した発電に繋がります。
日常点検やモニタリングで 「日々の発電量」「月々の発電量」をしっかりチェック・記録、発電量の変化や不具合に気づけるようにしておきましょう。
そして、日々の点検で、故障かな?と思った場合は、自分で解決しようとせず、すぐに専門業者さんに調べてもらいましょう。

一括、見積り依頼 無料!

ステップ1お住いのエリアをご選択ください。

お住まいエリア

2.設置する建物の種類を選択ください。

ステップ2建物の種類を下記ボタンよりお選びください。

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.