― visちゃんコラム ―
visちゃんの部屋でエコな情報・タメになる情報をお届けします。

visちゃんコラム Vol.4「太陽光パネルと花粉・黄砂」


こんにちは!Visちゃんです。

暖かくなってきましたね。発電するには過ごしやすくなってきたのですが、今の時期は花粉や黄砂で目がしばしばするし、体が汚れるしでテンションさがります。
スッキリする方法はないものですかねぇ…そういえば設置されてから早7ヶ月、僕体洗ってもらってませんけど??

ご家庭で設置している太陽光パネルの洗浄。皆さんどうされていますか?
お庭に水をまくついでにパネルも水浴びなんてしていませんか?絶対だめですよ。
水道水をかけて、汚れがとれると綺麗になったように見えますが、その水滴を拭き取らないと大変なことになります!!水分があることで、余計に花粉や黄砂がつくようになりますし、水道水は蒸発すると、水道水に含まれるミネラルが白い結晶として残ります。シンクや蛇口が白くなったりしますよね、それと一緒です。パネルの表面はガラスなので、削り落とすことも出来ません。変化がすぐみてわかるものではないため、少しずつ結晶がついて、気づいた時にはもう手遅れになんてことにならないようにご注意ください。

見た目を綺麗に保ちたい、汚れが原因で発電量が低下しているのでは…等々、綺麗にしたいと思った時の動機ってありますよね。
太陽光パネルについた汚れは、雨で流れ落ちるようになっていますので、必要以上に神経質になる必要はありません。自分で洗浄をする前に、何のためにパネルを綺麗にするかという動機と一緒に、綺麗にするためのリスクとコストを考えてみましょう。

自分で洗浄するには高い屋根に上がる危険性と感電のリスク、洗浄の為の洗剤や水を準備する手間とコスト、パネルに使用した洗剤によっては、洗い流した後の水が土壌に流れることによって環境汚染にもなります。業者さんに依頼すれば安心だけど、その分コストがかかります。
洗浄後に発電量がUPしたとしても、その収入以上に洗浄コストがかかっていては洗浄の意味がありませんよね。
発電量の低下が洗浄の動機になった時に考えて頂きたいのが、太陽光パネルのメンテナンスは発電量UPが重要なのではなく、発電コストを下げることの重要性です。

パネルや架台は屋根の上にあるということは自分の目の届かないところで頑張ってくれている存在です。定期的にメンテナンスを行い、洗浄についても自分で判断して行わず、各地域の汚れ具合、自分の地域の一般的な洗浄サイクル等、業者さんに質問してみましょう。


そっか!
洗浄すれば綺麗になって、僕のテンションあがって発電量もあがると思っていたけど、洗浄コストの方が・・・ってことだね。
OK!雨が降ると天気が悪いから嫌いだったけど、パネルを綺麗にして発電に協力してくれていたんだね。僕は自然の恵みに助けられて、成り立っているってこと改めてわかったよ。

一括、見積り依頼 無料!

ステップ1お住いのエリアをご選択ください。

お住まいエリア

2.設置する建物の種類を選択ください。

ステップ2建物の種類を下記ボタンよりお選びください。

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.