最新情報

平成26年度 太陽光発電調達価格(買取価格)について

2014年3月11日

経済産業省・調達価格等算定委員会は、3月7日の第15回委員会で、平成26年度の調達価格及び調達期間についての委員長案を提示しました。

この委員長案をもとに今後、調整が進められますが、本案をもって買取価格はほぼ確定とみていいでしょう。
委員長案で示された価格は下記の通りです。
太陽光発電では、住宅用の10kW未満を前年度1円下げの
37円/kWh(税抜)、事業用の10kW以上を4円下げの32円/kWh(税抜)に引き下げられます。

買取期間(調達期間)は今年度の前提を据え置き、10kW未満は10年、10kW以上は20年となります。


太陽光発電の買取価格は、
平成24年度は10kW未満が42円/kWh(税抜)、10kW以上が40円/kWh(税抜)
平成25年度は10kW未満が38円/kWh(税抜)、10kW以上が36円/kWh(税抜)
でした。

引き下げの主な要因は、システム費用・運転維持費の下落、設備利用率の現実が前年度の想定(12%)より、実際のデータが高かったためです。

これからも引き続き、【太陽光発電比較ナビ】では情報を発信していきます。 太陽光発電は、これからも買取価格が低くなる可能性があります。検討中の方は、ぜひ一度【太陽光発電比較ナビ】でお見積りしてみてはいかがでしょうか。
詳しくは経済産業省のページにてご確認ください。
調達価格等算定委員会(第15回)

一覧へ戻る

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.