最新情報

新エネルギー基本計画が閣議決定

2014年4月15日

政府は11日、国のエネルギー政策の基本的な方向性を示す、新たなエネルギー基本計画を閣議決定しました。

本計画では、原子力発電を電力供給において低廉で安定的な「ベースロード電源」と位置付け、また、再生可能エネルギーの導入は最大限推進していく方針を示している。
各電源の構成比は明記していない。
二次エネルギーの供給方法の多様化に向けては、水素や蓄電池などの技術の活用について着実に取り組みを進めていくとしています。

詳細はこちらから
経済産業省ホームページ


一覧へ戻る

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.