最新情報

積水化学、高齢者向け集合住宅に太陽光発電を搭載

2014年4月21日

積水化学工業は、17日、減災をコンセプトに、蓄電池と太陽光発電システムを標準搭載したサービス付き高齢者向け住宅「進・ハーベストメント」を、5月1日より主に医療・介護事業者に向けて発売すると発表しました。

※減災(げんさい)とは、災害時において発生し得る被害を最小化するための取り組みで ある。防災が被害を出さないことを目指す総合的な取り組みであるのに対して、減災とは あらかじめ被害の発生を想定した上で、その被害を低減させていこうとするものである。

同社によると、大容量の蓄電池と太陽光発電システムを標準搭載した高齢者住宅は業界初。戸建て住宅トップレベルの基本性能をベースに、「減災」「環境」「快適」「安心」の4つの経営軸を実現し、入居者、スタッフ、そして運営事業者のニーズに応える。2014年度は30棟を計画しています。

詳細はこちら

一覧へ戻る

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.