最新情報

日本初、空港跡地を活用したメガソーラーが運転開始

2014年9月17日

オリックス株式会社と株式会社九電工が、鹿児島県にある枕崎空港の跡地で建設を進めていたメガソーラー発電所「枕崎市枕崎空港跡地第一発電所・第二発電所」の運転を開始した。出力規模は8,218kW、年間発電量は一般家庭約2,550世帯分の消費電力に相当する9,185,900 kWとなる見込みだ。
枕崎空港は、1991年1月に日本初のコミューター空港として開港したが、経営不振により2013年3月末に閉港。同事業は、日本初となる空港跡地を活用したメガソーラー事業として注目を集めている。また、空港ターミナルビルを活用した展示場や環境学習のための研修スペースを設置する他、空港敷地内には天文観測所を設置するなど、地域貢献にも積極的に取り組んでいく考えだ。

一覧へ戻る

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.