最新情報

大日本印刷、太陽光・風力発電システムと
蓄電池装備のデジタルサイネージ開発

2014年11月12日

大日本印刷(DNP)は、太陽光発電、風力発電システムと蓄電池を装備した省エネ型のデジタルサイネージ(電子看板)を開発した。自社のDNP五反 田ビル(東京・品川区)に設置して11月6日から約1年間実証実験し、結果を踏まえて販売する。このデジタルサイネージは災害時には緊急情報の配信や安否 確認が可能で、防犯カメラも搭載できる。

情報表示機器として21.5型の液晶ディスプレー、10.7型の電子ペーパーと、時計表示電子ペーパー(縦17cm、横50cm)を備える。電子ペー パーは情報を書き換える時だけ電力を消費し、表示中は電力を使用しない。非常時や災害発生時には太陽光発電、風力発電システムで電子ペーパーを稼働させ、 必要とされる災害情報、避難情報などを発信する。

蓄電池は停電時のバックアップ機能で、停電しても液晶ディスプレーを約14時間稼働できる。電子ペーパーは太陽光発電、風力発電だけで情報が切り替えら れる。実証実験では発電量、機器の耐久性や、非常時を想定した情報配信コンテンツに関して検証する。一般ニュース、周辺の天気予報、DNPからの告知、防 犯・防災や災害の情報などを表示する。

実証実験によって必要な機能や仕様、価格を詳細に調べ、公共施設、公園、学校などの避難場所や商業施設、人通りの多い幹線道路などへの導入を目指す。防 犯・監視カメラの標準搭載、多言語対応、情報発信拠点としてのWiFiスポット機能の提供も検討する。既に設置されているデジタルサイネージと連携した災 害時の緊急対応システムも計画する。

記事元: 日経BP環境経営フォーラム

一覧へ戻る

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.