最新情報

パナソニック、災害時にAC100Vコンセントが
使えるソーラー街路灯を発売

2014年11月27日

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、災害など非常時に電源が確保できるソーラー街路灯【非常電源機能付】を12月1日より発売します。防災拠点(避難場所など)で、夜間の明るさを確保するとともに、太陽電池で発電した電力をAC100Vに変換でき、携帯電話・スマートフォンの充電ができます。

<左>太陽電池パネル2枚タイプ <右>太陽電池パネル1枚タイプ

非常時の夜間照明をできるだけ長時間確保したいという社会的ニーズの高まりに伴い、これまで当社は、消費電力が少なく、かつ効率の良いLED照明を搭載したソーラー街路灯を発売してきました。

本製品は、基本機能はそのままに、非常時にAC100Vが使用できる機能を搭載することにより、避難時の非常電源の確保も可能になりました。使用できる機器は携帯電話・スマートフォンのほか、ラジオ、拡声器など、避難時に必要な電気機器を合計50W以内で使用可能です。また、LED照明は、日没から日の出までの終夜点灯(約14時間(※1))で5日間の点灯が可能です。避難場所である公園や学校、街路、集合住宅周辺や公共施設の外構などでの設置に最適です。

記事元: パナソニック プレリリース

一覧へ戻る

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.