最新情報

JR九州、大容量蓄電池を搭載した蓄電池電車の導入を発表

2014年12月11日

JR九州は27日、これまで電化されていない区間を走行する気動車に替わる次世代車両として、蓄電池で駆動する架線式蓄電池電車の量産車両の製作に着手すると発表した。

架線式蓄電池電車とは、架線からの電力で走行しながら蓄電池に充電を行い、非電化区間ではパンタグラフを下げて蓄電池の電力で走行する車両のこと。平成28年秋から順次若松線(若松~折尾間)に導入する予定で、交流電化区間で充電する蓄電池電車としては日本初のものになる。平成28年秋に1編成2両を先行導入し、平成29年春に6編成12両を追加導入する計画だ。

他の導入事例としては、JR東日本が今年3月から栃木県烏山線に導入している。JR九州は、気動車に替わってこの車両を導入することで、二酸化炭素等の排出や騒音を低減することができるほか、沿線イメージの向上が望めるとしている。

記事元: JR九州 – ニュースリリース

一覧へ戻る

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.