最新情報

太陽光用パワコンがなくなる?
京セラなど、蓄電池に直接充電するシステム相次ぎ発売

2015年3月6日

 家庭用太陽光発電システムからパワーコンディショナー(電力調整装置)がなくなる日が来そうだ。
京セラやエリーパワー(東京都品川区)、オムロンは太陽光 パネルが発電した電力をパワコンを経由せずに充電する蓄電池システムを相次いで発売する。太陽光用パワコンがなくなると直流と交流の変換による損失が少なくなり、発電した電力を多く使えるようになる。
各社とも2019年と予想される家庭用太陽光発電の自家消費型への移行を見据え、“太陽光パワコンレス”へ動きだした。

【システム発売】
 京セラ、エリーパワー、オムロンは太陽光用、蓄電池用にそれぞれ必要だったパワコンを1台にまとめた蓄電池システムを発売する。 太陽光パネルが発電した 直流電力のまま充電し、家庭に放電する時だけパワコンで交流に変換する。
各社とも「太陽光、蓄電池のパワコン機能一体化」と訴求するが、実際は蓄電池のパ ワコン機能だけで済む。

記事元: 日刊工業新聞

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.