最新情報

太陽光によるオフグリッドシステム、ケーブルを差し込むだけ

2015年8月18日


別売りの商用電源への自動切替器「NR-PC1000」
(出所:ネクストエナジー・アンド・リソース)

 再生可能エネルギー関連事業を展開するネクストエナジー・アンド・リソース(長野県駒ヶ根市)は8月5日、蓄電池なしで使用するオフグリッド(独立型)太陽光発電システムを発売すると発表した。システム設計が不要で、導入が容易なことが特徴という。

 従来のオフグリッドシステムは、システム構築に必要な部材が多く、機器の結線が複雑なことが導入へのハードルになっていた。今回構築したシステムは、太陽光パネルを設置してケーブルをインバーターに差し込むだけで、すぐに電気を使えるという。

 コンセプトは、「誰にでも簡単に使える太陽光発電システム」で、工場、小屋、農業用ハウスなどに設置し、換気扇やミストファン、小型工具充電などの電源に活用できる。また、住宅に導入した場合には、昼間の照明、扇風機、パソコン、プリンター、TV、電子ピアノなどへの電力供給を想定している。環境教育向けの実証実験、理科教材などにも使用できる。

 災害時の緊急用電源としても使用できる(医療機器は除く)。太陽光パネルやインバーターを屋根や壁などに固定せずに使用すれば、避難場所に持ち出せる。

 システムの基本構成は、同社製の単結晶シリコン型太陽光パネル(155W品、製品保証3年)と、日本製DC/AC正弦波インバータ(製品保証2年)のセット。販売単価は、155Wパネルシステムで、12万8000円(税別)。販売目標は年間250台。

 別売りの商用電源への自動切替器「NR-PC1000」を取り付けることで、雨天などの悪天候の際には自動的に商用電源に切り替わり、100V電化製品 を継続的に使用できる。太陽光パネルを並列で増設することも可能で、155W以上のシステムセット販売も対応可能。今後の展開としては、海外向け220V タイプの発売を予定している。

記事元: 日経テクノロジー

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.