最新情報

「水害時の太陽光設備に感電の恐れ」、JPEAが注意を喚起

2015年9月17日

 太陽光発電協会(JPEA)は9月11日、太陽光発電設備が水害によって被害を受けた場合の対処について、注意を促した。
 台風18号の影響による豪雨で、関東や東北において、大規模な水害が発生している状況を受けたもの。

水没・浸水時の太陽光発電設備に関する注意事項(出所:太陽光発電協会)


 まず、太陽光発電システムが水没したり、浸水した時の注意として、パワーコンディショナー(PCS)や太陽光パネルと送電ケーブルとの接続部に、接近したり接触した場合、感電する恐れがあり、近づいたり触れたりしないことを強調している。

 漂流物などにより、太陽光パネル、集電箱、PCSが破損したり、接続している送電ケーブルが切れたりしている場合、水没・浸水時に近づくと感電する恐れがあるため、近づかないように注意を促している。

 被害に対処する際の連絡先として、出力50kW未満の太陽光発電システムの場合は販売施工事業者に、出力50kW以上の場合は選任されている電気主任技術者に連絡し、対策をとるように求めている。

 水害の被害を受けた太陽光パネルは、絶縁不良となっている可能性がある。接触すると感電する恐れがあるという。

 復旧作業などで、やむを得ず取り扱う場合には、素手は避けるようにし、感電対策(ゴム手袋、ゴム長靴の使用など)によって感電リスクを低減することを求めている。

 複数枚の太陽光パネルが、接続されたまま飛ばされたり、流されたりした場合には、接続活線状態であれば、日射を受けると発電し、高い電圧・電流が発生する可能性がある。その周辺にロープを張るなど、関係者以外が不用意に立ち入らないような対策が必要になる。

 浸水したPCSは、直流回路が短絡状態になる可能性がある。太陽光パネルが活線状態の場合には、PCSに短絡電流が流れることでショート、発熱する可能性がある。

 PCSがショートしている状態が見える場合には、販売施工事業者に連絡し、対応してほしいという。取り扱いにあたっては、安全のため感電対策を取るとともに、PCSの遮断器を解列することを推めて勧めている。

記事元: 日経テクノロジー

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.