最新情報

ホンダ、「太陽光+ガスコージェネ+EV」のコンセプト住宅を公開

2015年11月17日

コンセプト住宅「次世代レジリエンスホーム・家+X(いえプラスエックス)」(出所:ホンダ)

 ホンダは11月11日、LIXIL住宅研究所(東京都江東区)と合同で、太陽光とコージェネレーション(熱電併給)システム、電気自動車(EV)を搭載したコンセプト住宅「次世代レジリエンスホーム・家+X(いえプラスエックス)」を東京都葛飾区に建設し、公開した。

 コンセプト住宅は、2つの発電設備とEVを組み合わせることで、災害時にも快適な生活を維持することを目指す。LIXIL住宅研究所による“住まいの消費エネルギーゼロ”の住宅をベースに、家と電力を相互にやりとりするV2H(電気自動車から住宅への電力供給)システム、そしてこれらを効率的に運用するエネルギーマネジメントシステム(EMS)など、「家とEVとエネルギーの融合による新しい暮らし」を提案するという。

 停電時にも商用電力から太陽光発電やガスエンジンコージェネに切り替えて家庭に電力を供給するとともに、余剰電力をEVに充電できる。

 コンセプト住宅に導入されている家庭向けコージェネシステム「エコウィルプラス(ECOWILL PLUS)」には、ホンダ製のガスエンジンコージェネユニットが採用されている。また、V2H対応の普通充電器には「Honda Power Manager」を設置した。

 今回のコンセプト住宅で提案している装備のうち、ホンダの家庭用ガスエンジンコージェネユニットを標準装備した初めての住宅が、LIXIL住宅研究所によって来春以降、商品化される計画という。

記事元: 日経テクノロジーonline

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.