最新情報

シャープ、モンゴル国初のメガソーラー事業に参画

2016年7月22日

 シャープと重光商事は、モンゴル国の現地企業と協力し、3社共同でモンゴル初となる太陽光発電所(メガソーラー)事業に参画する。19日に3社間の契約合意に至り、ウランバートル市において調印式を行なった。7月下旬に着工し、12月に商業運転を開始する。

完成予想図

 シャープは、太陽電池モジュールや架台、インバーターなどの周辺機器の供給のほか、発電所の設計やエンジニアリングを行なう。冬期の厳しい寒さや積雪への対応など、モンゴル国の自然環境に適した設計により、長期にわたる安定稼働につなげていくという。重光商事は、日本での太陽光発電所運営のノウハウを活かし、発電所の共同事業経営を今後25年にわたり支援していく。

 発電所の所在地は、モンゴル国ダルハン市で、敷地面積は約291,000m2。設置する太陽電池モジュールの容量は10MW、年間予測発電量は約14,182MWh/年で、約14,746tCO2/年の温室効果ガス排出量削減に貢献する見込みとしている。

 同事業は、環境省が実施する二国間クレジット制度に基づく設備補助事業の採択を受けて推進している。シャープの太陽光発電に関する技術やノウハウをモンゴル国へ導入することで、エネルギー源を主として石炭に依存する同国にクリーンなエネルギーを供給し、温室効果ガス排出量の削減に寄与。加えて、二国間クレジット制度により、日本の温室効果ガス排出量削減目標の達成にも貢献するという。

記事元: Impress Watch

一覧へ戻る

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.