最新情報

追尾式の集光型太陽光発電、モロッコで実証開始

2016年12月2日

 住友電工はモロッコ王国太陽エネルギー庁(Moroccan Agency for Sustainable Energy、略称MASEN)と実証契約を締結した「1MW集光型太陽光発電(CPV)プロジェクト」の設備がこのほど完成した(図1)。

図1 完成した発電設備 出典:住友電工

 住友電工は2013年4月に、モロッコ・カサブランカ郊外の同社グループ会社敷地内で実証実験を開始。2015年9月からはワルザザートのMASENの研究施設敷地内に20kW(キロワット)のCPVシステムを設置し、実証実験を行ってきた。今回の実証契約ではその規模を拡大し、CPVを用いたMW(メガワット)級の発電プラント(1MW)を建設し、運用実証を行う。総発電量の計測や品質分析を行い、気象や砂塵(じん)などの状況に左右されない安定した発電を目指す。実証期間は契約締結より5年間(2021年5月まで)。

 アフリカ大陸北西部に立地するモロッコは、南部がサハラ砂漠に面し、高い日射量を有することから、太陽エネルギーの活用に大きな可能性を持っている。モロッコでは、自国内での電力自給率向上のためにこの豊富な太陽エネルギー資源を有効活用するため、2020年までに2000MW、2030年までに4500MWの太陽エネルギー発電設備を導入する政府方針が掲げられている。

 発電プラントに採用しているCPVは、変換効率が高い化合物半導体の発電素子を用い、太陽を追尾しながらレンズで日射光を集めて発電する仕組みだ。変換効率は一般的な結晶シリコン太陽電池に比べて約2倍で、また発電素子の温度依存性がほとんどないことから、CPVは直達日射量が多く気温が高い地域で有効な発電システムとされている(図2)。

図2 CPVの仕組み 出典:住友電工

 また、同社は集光型太陽光発電装置業界でトップレベルとなる厚さ約120mm(ミリメートル)、重量約8kg(キログラム)の薄型軽量モジュールを開発した。薄型で軽量なモジュールは、輸送時のモジュール積載効率の向上や現地設置作業効率の向上、また、太陽を追尾する架台に多く搭載できるなどのメリットがあり、発電システムのトータルコスト低減に貢献できるとされる。

 住友電工では今回の契約締結を契機に、モロッコだけでなく中東諸国を初め世界各地の高日射地域でのCPV事業の展開を進めていく方針だ。

記事元: スマートジャパン

一覧へ戻る

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.