最新情報

住宅用Liイオン蓄電システムを小型化、ベランダにも設置可能

2017年3月3日

 住友電気工業は2月28日、電力会社の系統と連系可能な小型の家庭向けLiイオン蓄電システム「POWER DEPO III」を開発し、2017年5月下旬から販売開始すると発表した。これまで蓄電池のサイズが大きく導入が難しかったマンションのベランダや出窓下、屋内の空きスペースなどにも設置できる。

「POWER DEPO III」 (出所:住友電工)


システム構成図 (出所:住友電工)


 災害時の非常用電源として活用したり、太陽光発電と連携させて電気料金を削減することを想定する。小容量3.2kWhのLiイオン蓄電池を採用することで本体価格を抑え、さらに設計段階から小型・軽量化を追求することで施工コストを従来比50%削減したという。

 独自のインバーター技術により充放電時の変換効率95.5%とし、従来製品と比べてエネルギー損失を減らした。セル(電池素子)のサイクル特性を向上させたことにより、1日あたりの充放電回数を2サイクルまで増やすことも可能で、稼働率を上げることで小容量でも十分に経済効果を発揮できるという。

 通信制御に関しては、国内で標準的なプロトコル(ECHONET Lite)を利用してHEMSとの連携に対応した。専用リモコンからの無線LAN通信によって、スマートフォン上で蓄電池制御したり、ルーター経由でインターネットに接続できる。本体寸法は幅530×奥行き300×高さ550mm、重さは約54kg。

記事元: 日経テクノロジーonline

一覧へ戻る

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.