最新情報

味の素、国内拠点の全使用電力を100%再エネに

2017年3月24日


バイオマス由来再エネを示す「グリーンパワー」のロゴ (出所:味の素)

 味の素は3月22日、再生可能エネルギーの利用比率の拡大に向け、本社や国内営業拠点などの全使用電力を対象とした「グリーン電力証書」の購入に関する契約を日本自然エネルギー(東京都品川区)と締結したと発表した。

 契約期間は、2017年4月から2020年3月で、その後も継続する予定。 契約金額は非開示とする。サトウキビの搾りかすを利用したバイオマス発電由来の再エネを使用したとみなされる「グリーン電力証書」を購入する。

 対象施設は、本社のほか、 研修センター、国内の営業拠点5支社、沖縄味の素社、北海道味の素社で、これら施設の年間の全使用電力(約410万kWh)のすべてが「グリーン電力」となる。

 同社は、非財務目標の一つに「温室効果ガスの削減」を 掲げ、グループ全体の再エネ比率を2020年度に20%、2030年度に50%に高めることを目指している。

 すでに、味の素グループでは、ブラジル、タイ、ベトナムにおいてサトウキビの搾りかすやもみ殻など、バイオマスの非可食部分や未利用部分を燃料としたエネルギーの利用を推進している。グループ全体の再エネ比率は19%(2016年9月現在)という。

 一方で、国内拠点での再エネの使用比率は少なく、その拡大が課題になっていた。そこで今回、同社として初めて「グリーン電力証書」の購入に踏み切った。グリーン電力証書の仕組み上、再エネを使用したとみなされ、対外的にアピールできる。

 同社は今後、海外での「グリーン電力証書」制度の活用の検討を進めるとともに、省エネの推進や海外を中心としたバイオマスボイラー、バイオマスコジェネレーション(熱電併給)システムを導入・増設し、2030年度に再エネ比率50%の実現を目指す。

記事元: 日経テクノロジーonline

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.