最新情報

太陽光の2017年世界導入量は75~80GW、2018年も同水準

2017年06月16日

 太陽光発電の調査・コンサルティングを手掛ける資源総合システム(東京都中央区)は6月9日、「世界の太陽光発電システムの2017年の導入容量は75~80GWで、2018年も同水準の市場規模」との見通しを発表した。

 中国を除く世界の新規導入量は、2015年の35GW、2016年の40GWから、2017年および2018年は同45GWに増加すると見込む。世界の導入量を左右する鍵は、中国市場が握っており、2017年の中国を含む世界導入量が80GWに到達する可能性もあるという。

 2018年は、中国市場が縮小傾向に転じる見込みだが、世界全体では70GW台を維持すると見ている。成長が安定化した市場の下では継続的に低価格に対応せざるを得ず、財務状況に懸念が生じる可能性があるという。その一方で価格低減は、新市場の開拓意欲を加速し、既存市場の堅調な推移に大きく貢献すると分析する。

 同社が加盟する調査機関PV Market Alliance(PVMA)との共同分析。

記事元: 日経テクノロジーonline

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.