最新情報

セブン-イレブン、燃料電池・蓄電池の導入でトヨタと連繋

2017年8月18日

 セブン-イレブン・ジャパンとトヨタ自動車は8月9日、物流と店舗に関する省エネルギー・CO2排出削減に向けて検討することで基本合意書を締結したと発表した。セブン-イレブンの配送車および店舗に、トヨタの開発する燃料電池や蓄電池などを導入する。

燃料電池トラックの完成イメージ (出所:トヨタ自動車)

太陽光パネルを設置した店舗 (出所:セブン-イレブン・ジャパン)

 基本合意に基づき両社は、店舗向け配送トラック(冷蔵・冷凍車)として、動力および冷蔵・冷凍ユニットの電源に燃料電池を採用した新型トラックを導入し、CO2排出量の削減を目指す。

 また、店舗では、自動車用の燃料電池ユニットを活用した定置型燃料電池システムや、自動車用蓄電池を活用した定置型蓄電池システムを導入する。燃料電池は、水素ステーション併設店舗のベース電源としての活用を検討する。蓄電池は、災害時の非常用電源としての活用を検討する。

 また、これらの電源と、既に導入済みの太陽光発電システムを組み合わせるエネルギーマネジメントシステム(EMS)を導入することで、CO2排出量の大幅な削減を目指す。

 セブン-イレブンの店舗では、環境問題への取り組みから、早くから屋根上太陽光の設置に乗り出しており、2016年5月末時点で7624店舗に太陽光パネルを設置し、店内で使用する電力の一部を賄っている。

記事元: 日経テクノロジーonline

一覧へ戻る

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.