最新情報

オール電化住宅にも太陽光を無償設置、日本エコが新プラン

2017年8月25日

 日本エコシステム(東京都港区)は、加入者宅の屋根に同社所有の太陽光発電システムを初期費用なしで設置する電力サービス「じぶん電力」の新プラン「デイタイムアシストプラン」を8月8日から提供開始した。

「デイタイムアシストプラン」の概要 (出所:日本エコシステム)

 「じぶん電気」は、加入者宅の屋根に太陽光発電システムを無償で設置し、発電した電気を直接利用できる電力サービス。初期費用の負担なく再生可能エネルギーを利用できる。20年間の契約終了後は無償譲渡され、顧客の所有となる。

 従来の「じぶん電力」では、太陽光の発電しない時間帯は、日本エコシステムが新電力(エネット)から電力を調達し、加入者宅に供給する仕組みしかなかった。このためオール電化住宅で深夜電力の安い時間帯別料金プランを利用している場合、新電力に切り替えることで、深夜の電力料金が上がってしまった。

 新プランでは、現在加入している電力会社と契約したまま太陽光発電システムを設置。料金単価が割高となる日中(デイタイム)は太陽光発電で発電した電気を割安な価格設定で利用し、夜間は、従来の電力会社から時間帯別料金で割安な電気を利用できる。

 北海道、青森県、秋田県、岩手県、山形県、新潟県、富山県、石川県、福井県、沖縄県を除く都府県に設置できる。料金単価は1kWhあたり22.00円~32.00円(エリアにより異なる)。電力会社や地域などの条件により異なるが、約0.5円~1.5円程度割安になるという。

記事元: 日経テクノロジーonline

一覧へ戻る

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.