最新情報

会津若松市内で「スマートバス停」、太陽光で電子ペーパー駆動

2018年2月23日


次世代スマートバス停1画面タイプ
(出所:みちのりホールディングス)

 みちのりホールディングスおよび会津乗合自動車(会津バス)などは、2月17日から福島県会津若松市内で次世代スマートバス停の実用化に向けた実証実験を開始した。太陽光発電で駆動し、電子ペーパーを用いて時刻表データを更新したり、バスの運行情報をリアルタイムで表示したりする。

 台湾E Ink社の電子ペーパー・ディスプレイ・モジュールを採用し、低消費電力で日中の屋外でも見やすい画面表示を実現したという。従来のバス停では「定刻通りに運行されているのか」「いつバスが来るのか」が分からなかったが、運行状況をリアルタイムで表示することでバスの信頼性と利便性を高められる。

 画面サイズは13.3インチで、1面タイプと2面タイプの2種類を設置した。1面タイプは太陽光パネルを搭載し、外部の商用電源が不要で自立駆動できる。2面タイプは気象観測器とライブカメラを設置し、将来的には気象情報を提供する。また、両モデルともLPWA無線技術(LTE-M通信規格)を搭載する予定。

 実証実験には、凸版印刷、ナビタイムジャパン、KDDI、ウェザーニューズが参画した。4月から1年間を開発段階として、順次機能およびサービスを実装していくという。

記事元: 日経 xTECH

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.