最新情報

世界最高の変換効率23.35%、CIS薄膜太陽電池セルで達成

2019年1月23日

 ソーラーフロンティアは2019年1月17日、カドミウム(Cd)を含まない1cm2(平方センチメートル)のCIS系薄膜太陽電池で、エネルギー変換効率23.35%を達成したと発表した。同社が2017年11月に達成したカドミウムを含むCIS系薄膜太陽電池セルの変換効率22.9%を約0.4ポイント上回り、全てのCIS系薄膜太陽電池セルにおいて世界最高の変換効率になるという。

世界最高の変換効率を達成した太陽電池セル 出典:NEDO

 今回開発したセルは、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)との共同研究によるもの。CIS光吸収層の改良や光吸収層表面処理などの技術と、同社独自のカドミウムを利用しない製造技術のそれぞれで高性能化を行い、これらを最適な条件で融合することで達成できたという。セルのエネルギー変換効率については、2018年末に産業技術総合研究所が確認を行った。

 ソーラーフロンティアが開発するCIS系薄膜太陽電池は、カドミウムや鉛(なまり)などを使用していないのが特徴。同社は今回の記録を達成した基礎技術の応用により、CIS系薄膜太陽電池モジュールの高出力化によるさらなる低コスト化を目指す方針だ。

記事元: スマートジャパン

一覧へ戻る

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.