最新情報

中部電力、「卒FIT」太陽光の買取単価を公表、「ポイント」上乗せも

2019年4月26日

 中部電力は4月24日、固定価格買取制度(FIT)による買取期間が終了した「卒FIT」住宅用太陽光向けの顧客参加型取引サービス「これからデンキ」について、余剰電力の買い取りなどの新プランを発表した。5月13日から順次受付を開始する。

 「プレミアムプラン」では、中部電力が「卒FIT」太陽光の余剰電力を8円/kWhで買い取り、翌月の電気料金から差し引く。オプションの「家族シェア」により、買い取った金額を家族や知人とシェアすることも可能。

 「Amazonギフト券プラン」では、余剰電力を8.1円/kWhで買い取り、Amazonギフト券を送付する。「シンプルプラン」では、余剰電力を7円/kWhで買い取り、半年に一度(9~10月、3~4月)に指定口座に振り込む。シンプルプランは、同社と現在、買取契約を締結している顧客は申し込み不要で利用できる。

 また、2018年11月に発表したイオンの電子マネーに交換できる「WAONポイント」に交換できる「WAONプラン」では、余剰電力を7円/kWhで買い取り、翌月の電気料金から差し引くほか、WAONポイントを2ポイント/kWh付与することで、実質的に9円/kWh相当の買い取りとなるとしている。

 さらに「再エネスマートプラン」では、余剰電力を自分で使ったものとみなし、電気を使用する時間帯ごとに割引額を算定して電気料金の割引に充当できる。割引単価は平日昼間が12円/kWh、朝・夕・休日昼間が8円/kWh、深夜が7円/kWh(スマートライフプランの場合)。夏頃に専用サイトにシミュレーションツールを開設するとともにウエブによる受付を開始する予定。

 このほかにも各プランと組み合わせて利用できるセットサービスとして、提携先企業からヒートポンプ給湯機(エコキュート)や蓄電池を購入できる「太陽光自家消費セット」、太陽光メンテナンスサービス(点検・計測)を利用できる「太陽光メンテナンスセット」を用意した。

「これからデンキ」の概要 (出所:中部電力)

記事元: 日経 xTECH

▲ページトップ

Copyright © Vis Portal All Rights Reserved.